ミッキー・ロークのボクサー復帰試合に八百長疑惑か 相手選手の情報筋が言及

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
約20年ぶりにボクサーとして復帰し、勝利を収めたミッキー・ローク

 米俳優のミッキー・ローク(62)が約20年ぶりにボクサーとして復帰して20代の選手を相手に勝利を収めた試合は、八百長だったとの疑惑が持ち上がっているという。

【写真】ミッキー・ローク出演映画『レスラー』

 現地時間11月28日、ミッキーは29歳のボクサー、エリオット・シーモアと対戦。ノックダウンを奪ったミッキーは、第2ラウンドで勝利している。ところがシーモア家に近い情報筋は、「明らかに八百長試合ですよ。二人とも意図的にお互いのグローブを殴って、まともにパンチが入っていなかったんですから」とDaily Mail紙にコメントしている。

 さらに情報筋は、「ミッキー・ロークが自身の半分の年齢の選手に勝ったと伝えられていますが、本当のことは伝えられていません。真実は、エリオットがホームレスで生きるのに必死だったということ。おそらく彼は、また路上での生活に戻るのでしょう」と語り、「もしあの試合が正当なものだと思っているなら、映画の見過ぎですよ」と付け加えている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]