『ゴジラ』がギネス認定!「もっとも長く継続しているフランチャイズ映画」として

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ゴジラ』がいよいよギネス世界記録に認定! - (C) TOHO CO., LTD.

 日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』シリーズが、ギネスワールドレコーズ社により「もっとも長く継続しているフランチャイズ映画」として世界記録に認定された。

 フランチャイズ映画とは、「キャラクターや世界観の権利を持ち、その使用許諾を経て製作された映画」という意味。ギネス社の調査によって『ゴジラ』は、1954年公開のオリジナル版から今年5月に全米公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』まで、60年にわたって継続して活用されている、同一の会社(東宝)による最も長いフランチャイズ映画であると認められた。

 2度のハリウッドリメイクだけでなく、2004年には、エンターテインメント界で活躍する人物の名前を彫った星型のプレートが埋め込まれている米ハリウッドのウォーク・オブ・フェイム(名声の舗道)にも名を刻んでいるゴジラ。今回のギネス認定によって、ますます世界中のファンから支持されている、ワールドワイドなキャラクターであることを証明したといえるだろう。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]