ブラッド・ピット 周囲の気が散ると陪審員に選ばれず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
陪審員に選ばれなかったブラッド・ピット - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 陪審員候補として召喚され、12月12日に出廷したブラッド・ピットが、周囲の気を散らしてしまうことを理由に陪審員に選ばれなかったらしい。

【動画】ブラピ主演『フューリー』予告編

 弁護士ウィリアム・R・ライヴリーによると、陪審員はランダムに召喚され、法廷に顔を出すまでセレブであるかどうかはわからないとのこと。「ほかの陪審員候補同様、ブラッドは召喚状を受けとったあとロサンゼルスの法廷に顔を出し、裁判官や弁護士の予備尋問を受けます。この予備尋問で、検察側と弁護側は陪審員それぞれに対し異議を唱えることができます。必ずしもそうではありませんが、ほとんどの場合、陪審員候補が大スターだとわかると選ばれません」と説明している。

 ブラッドの場合、彼の顔色ひとつで審議が左右される可能性もあるため、はじかれたようだ。「ブラッド・ピットを陪審員に選んで、ほかの11人が普通にふるまえるわけがありません。みな、ブラッドがどう思っているかに注目するのが自然で、審議に入ったら彼の意見にほかの陪審員も影響を受けかねません」と付け加えている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]