「ノーマル・ハート」2015年全米プロデューサー組合賞で特別賞を受賞することに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マット・ボマーとマーク・ラファロ - Kevork Djansezian / NBC / NBC via Getty Images

 マーク・ラファロマット・ボマーのテレビ映画「ノーマル・ハート」が2015年全米プロデューサー組合賞(PGA)で特別賞、スタンリー・クレイマー賞を受賞することになった。

 同賞は意欲的に社会問題を扱い、認識を高めることに貢献した作品に贈られるもの。「ノーマル・ハート」は、テレビドラマ「Glee」のライアン・マーフィーが監督した作品で、HIVウイルスが猛威を振るい始めた1980年代のニューヨークを舞台にゲイコミュニティーを描いた、ラリー・クレイマーの自伝的作品「ザ・ノーマル・ハート」が原作となっている。

 過去にスタンリー・クレイマー賞を受賞した作品には、『招かれざる客』『手錠のままの脱獄』などの名作も含まれており、昨年はボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を取り上げたアンジェリーナ・ジョリーの初監督作品『最愛の大地』が受賞。映画『不都合な真実』『ホテル・ルワンダ』『プレシャス』なども過去に受賞を果たしている。

 第26回年全米プロデューサー組合賞(PGA)授賞式は1月24日にロサンゼルスのハイアット・リージェンシー・センチュリー・プラザで行われる。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]