ジョン・トラヴォルタ、テレビミニリーズで弁護士役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
36年ぶりのテレビドラマ出演を控えるジョン・トラヴォルタ - George Pimentel / Getty Images

 ジョン・トラヴォルタが、O・J・シンプソンの妻殺害事件の裁判を描いたテレビミニシリーズで弁護士を演じるという。

ジョン・トラボルタ主演『Be Cool/ビー・クール』フォトギャラリー

 ジョンが演じるのは、O・Jを弁護した“ドリームチーム”と呼ばれた敏腕弁護士集団の一人、ロバート・シャピロ。The Hollywood Reporterによると、ジョンはプロデューサーにも名を連ねているとのこと。

[PR]

 「アメリカン・クライム・ストーリー:ザ・ピープル・ヴァーサス・O・J・シンプソン(原題) / American Crime Story: The People v. O.J. Simpson」は、テレビドラマ「Glee」のライアン・マーフィーブラッド・ファルチャックが製作する、実際の犯罪を描いたアンソロジー・シリーズの第1作目となり、10エピソードから成るという。

 O・J役はキューバ・グッディング・Jrが演じ、マーシャ・クラーク検事は「アメリカン・ホラー・ストーリー」でおなじみのサラ・ポールソンが演じる。また、“ドリームチーム”のメンバーの一人で、O・Jの友人でもあったロバート・カーダシアン役にはテレビドラマ「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマーがキャスティングされている。ロバートはリアリティー番組の女王キム・カーダシアンの実父。

 ジョンがテレビドラマに出演するのは、1975年から1979年にアメリカで放送された「ウェルカム・バック・カッター(原題) / Welcome Back, Kotter」以来。シリーズ途中で映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が大ヒットしたジョンは、レギュラーを降板し、大幅に出演エピソードを減らし、特別ゲストとして出演していた。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]