シネマトゥデイ

『海月姫』コスプレ割を実施!能年玲奈が発案!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
尼~ずよ集え! - 映画『海月姫』 - (C) 2014『海月姫』製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社

 能年玲奈主演の映画『海月姫』が、1月16日より渋谷シネクイント限定でコスプレ割引を実施することがわかった。これは、公開初日の舞台あいさつで「コスプレしながら劇場で観てほしい」と発言した能年が、自ら『海月姫』の宣伝部に提案し実現したもの。

これが“尼~ず”だ!映画『海月姫』フォトギャラリー

 割引対象となるのは、能年が演じているヒロイン月海が住む男子禁制のアパート天水館で暮らすオタク女子 “尼~ず” たちのコスプレ。さらに、「ひげ好き」を公言する能年からの希望で、1月23日からはひげをつけてきた人を対象にした「くらげひげ割引」が適用される。これらの格好をしてきた人は、1,100円で映画を鑑賞することが可能。

[PR]

 本作は、東村アキコの同名人気漫画を実写化したコメディー。「男を必要としない人生」をモットーとする尼~ずたちが、ファッション業界を目指す女装男子・蔵之介(菅田将暉)との出会いによって徐々に変わっていくさまが描かれる。監督は『映画 ひみつのアッコちゃん』『L・DK』の川村泰祐、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手掛けている飯嶋久美子が担当している。(編集部・井本早紀)

映画『海月姫』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]