人気声優・花澤香菜が実写映画で初主演!主題歌も担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実写映画初主演を務める花澤香菜

 人気声優の花澤香菜が、映画『君がいなくちゃだめなんだ』で主演し、主題歌も担当することがわかった。花澤が実写映画で主演を務めるのは初となる。

花澤香菜、実写映画初主演決定!フォトギャラリー

 今回メガホンを取るのは歌手としても活動する花澤のミュージックビデオを手掛けてきたムラカミタツヤ監督。脚本は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞した倉田健次が本作のために書き下ろした。本作で花澤は、処女作が偶然にも新人賞を獲得するも、その後は鳴かず飛ばずの状態の絵本作家・主人公・楓アンを演じる。

[PR]

 スランプが続き、時間をつぶすだけの無為な生活が続いていた楓。そんなある日、飼い猫のペローが失踪した。行方を捜すべく外出した楓が見つけたのは、街中の伝言板に書かれた「ペローを蘇らせる代わりにこの世界から太陽を頂くよ。いいのかい?アン?」という謎の書き込み。そして、他にも奇妙なメッセージが街のあちこちにあるのを発見した楓は、その文体が幼いころに失踪した、小説家だった父・光平(小木茂光)のものであることに気付く。

 なお、主題歌のタイトルは映画と同名の「君がいなくちゃだめなんだ」。本人8枚目となるシングルCDとして、花澤の26歳の誕生日である2月25日に発売される。(編集部・坂下朋永)

映画『君がいなくちゃだめなんだ』は3月下旬より東京・テアトル新宿で先行公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]