『ミセス・ダウト』がミュージカル化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミュージカル化を進めているアラン・メンケン - Jemal Countess / Getty Images

 故ロビン・ウィリアムズさん主演の映画『ミセス・ダウト』(1993年製作、クリス・コロンバス監督)の舞台ミュージカル化が、Entertainment Weeklyや複数のメディアによって明らかになった。

『ミセス・ダウト』フォトギャラリー

 同作は、ディズニー映画『リトル・マーメイド/人魚姫』『美女と野獣』などの作曲を担当したアラン・メンケンが企画しているミュージカルで、作詞家デヴィッド・ジッペル、舞台俳優兼脚本家のハーヴェイ・ファイアスタインとコラボレーションすることになっている。メンケンは「まだ(企画は)初期段階だ。だが、われわれはすごく楽しみながら取りかかっている」とコメントしている。

[PR]

 メンケンはジッペルとアニメ映画『ヘラクレス』でタッグを組んでおり、ファイアスタインはこれまで舞台「ラ・カージュ・オ・フォール」「キンキー・ブーツ」などの脚本を手掛けてきた。

 オリジナル作品のストーリーは、離婚によって子供と引き離された売れない役者の夫が、子供のそばにいたいため、女装して家政婦になりすまし、さまざまな騒動を巻き起こすというもの。昨年、映画『ミセス・ダウト』の続編の企画が持ち上がっていたが、ロビンさんが亡くなったことで、企画が中止になっていた。ロビンさんの主演作の中でも人気の高い今作が、どのようにミュージカル化されるのか、注目を浴びそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]