ホアキン・フェニックスがマリファナ中毒のヒッピー探偵に!『LAヴァイス』4月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポール・トーマス・アンダーソン監督と『ザ・マスター』以来2度目のタッグ!ホアキン・フェニックス - (C) 2014 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC,AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

 世界三大映画祭(カンヌ、ベネチア、ベルリン)の全てで監督賞を受賞した名匠ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作『インヒレント・ヴァイス(原題) / Inherent Vice』の邦題が『LAヴァイス』に決まり、4月18日より公開されることがわかった。

【写真】コメディータッチの探偵サスペンス!『LAヴァイス』フォトギャラリー

 トマス・ピンチョンの小説を映画化した本作の舞台は1970年代のロサンゼルス。マリファナ中毒のヒッピー探偵ドック(ホアキン・フェニックス)が元恋人の依頼を受けて思わぬ陰謀に巻き込まれていくさまを、コメディータッチに描いている。

[PR]

 原作者のピンチョンが初めて著作の映画化の許可を出したことでも話題の本作を彩るのは、ホアキンのほか、ジョシュ・ブローリンオーウェン・ウィルソンリース・ウィザースプーンベニチオ・デル・トロら個性豊かな名優たち。彼らがふんするキャラクターが織り成す、政治、カルト、ドラッグ、買春が絡んだ陰謀劇は、70年代のポップカルチャーへの言及も豊富で観る者を楽しませる。

 先日発表された第87回アカデミー賞で脚色賞と衣装デザイン賞にノミネートされるなど絶賛の声が相次いでいる『LAヴァイス』は、見逃せない一本だ。(編集部・岸豊)

映画『LAヴァイス』は4月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]