チャウ・シンチー監督とツイ・ハーク監督が『西遊記 ~はじまりのはじまり~』の続編でタッグか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
タッグは実現するか? チャウ・シンチー監督(2014年7月撮影のもの)とツイ・ハーク監督 - ChinaFotoPress / ChinaFotoPress via Getty Images(右)

 チャウ・シンチー監督が2013年に手掛けた大ヒット映画『西遊記 ~はじまりのはじまり~』の続編作品で、チャウ・シンチー監督とツイ・ハーク監督が製作タッグを組むための交渉に入った。The Hollywood Reporterや複数のメディアが報じている。

【動画】ありえねー!!とんでもねー!!『西遊記~はじまりのはじまり~』

 本作は、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングスの傘下にあるアリババ・ピクチャーズが企画している続編で、オリジナルの作品は、三蔵法師が孫悟空らと天竺を目指して旅に出る前の話で、三蔵法師がまだ“玄奘”という名で妖怪ハンターだった頃に、いかに謎の妖怪であった沙悟浄、猪八戒、孫悟空らに出会ったか、その経緯が描かれていた。

[PR]

 アリババ・ピクチャーズは今作以外にSci-Fi映画『マーメイド(原題) / Mermaid』でもチャウ・シンチーとタッグを組み、その作品の製作資金を出す予定だ。さらにアリババ・ピクチャーズは、ウォン・カーウァイ監督作を初めて手掛けることを今月発表している。

 今のところ、続編に関しては彼らの交渉以外は何もわかっていないが、オリジナル作品は、世界興行収入で2億1,500万ドル(約258億円)を稼ぎ出しており、それに劣らぬ作品を製作するためにも、チャウ・シンチー監督とツイ・ハーク監督のタッグは興味深いところだ。(1ドル120円計算) (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]