『ムーラン・ルージュ』バズ・ラーマン、ヒップホップ・ミュージカルドラマを製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
10年以上にわたって構想を温めてきた新ドラマの指揮をとるバズ・ラーマン - Venturelli / WireImage / Getty Images

 映画『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、Netflixでヒップホップ・ミュージカルドラマ「ザ・ゲット・ダウン(原題) / The Get Down」を製作することが決まったとThe Hollywood Reporterなどが報じた。

【写真】ディカプリオ出演『華麗なるギャツビー』豪華絢爛ギャラリー

 同作は13エピソードから成り、ラーマン監督は製作総指揮のほか、最初の2エピソードと最終エピソードを監督するとのこと。衣装とプロダクションデザインは、映画『華麗なるギャツビー』『ムーラン・ルージュ』のキャサリン・マーティンが担当する。

[PR]

 舞台は1970年代のニューヨーク。犯罪が多発し、破たん寸前のすさんだ街がヒップホップ、パンクやディスコを生み、貧しいサウス・ブロンクスの子供たちが音楽を通じてニューヨークだけでなく、世界を変えていく様子を描くという。

 10年以上にわたって構想を温めてきたというラーマン監督は、落ちるところまで落ちた、崩壊寸前の街がまったく新しい音楽、アート、カルチャーをどうやって生み出したのか、以前から追究したいと思っていたとのこと。Netflixならば制約なくドラマ作りができるともコメントしている。同ドラマは2016年中に配信をスタートする予定だという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]