謎の美女・祥子、映画初主演作で緊縛の素晴らしさに開眼

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
謎の美女として話題を集め本作で映画初出演にして初主演に挑戦した祥子

 14日、江戸川乱歩の同名小説を映画化した官能サスペンス映画『D坂の殺人事件』の初日舞台あいさつが渋谷・ユーロスペースで行われ、主演の祥子が共演の河合龍之介木下ほうか窪田将治監督と出席した。祥子は本作でフルヌードを披露し、激しい濡れ場やSMシーンにも挑戦しており、本作を通じて改めて緊縛の魅力に開眼したと告白した。

謎の美女・祥子、映画初主演作で緊縛の素晴らしさに 画像ギャラリー

 「週刊ポスト」のグラビア連載「謎の美女シリーズ 祥子の事。」で話題を集め、本作で映画初出演にして初主演、初SMシーンにも挑戦した翔子。グラビアや本作を通じてメディアへの露出が激増中だといい、「写真集の増刷も決まりました。嬉しいです。日々勉強しています」と世間の反響の高さに目を細める。

[PR]

 完成した本作については「女性が見ても勉強になるし、自分もHな気分になって帰れました。女性の方にもぜひ見て欲しい」と満足そうで、バレンタインにも関わらず会場に集まった男性ファンに「わたしからのいいプレゼントになれば」とにっこり。

 また本作を通じて縄プレイに開眼したことも告白。「最初は(縛られて)きつそうとか苦しそうというイメージだったんですけど、実際縛られてみるととっても気持ちがよくて」とうっとり顔で、「大好きな方が縛りたいというなら縛ってもらうのもいいなって。(逆に)縛ることも相手を独占できるというか、”わたしのもの”という印ができるみたいでいいですね」と緊縛の魅力を熱っぽく語っていた。

 本作はD坂で起こったそば屋主人の自殺事件の真相を名探偵・明智小五郎と妻・文代が暴き出す江戸川乱歩原作の官能サスペンス映画。(取材・文:名鹿祥史)

映画『D坂の殺人事件』はユーロスペースほかで公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]