クリステン・スチュワート、米女優初となるセザール賞受賞!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
快挙!クリステン・スチュワート - Rindoff / Charriau / Getty Images

 映画『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートが現地時間20日、パリ市内で行われたフランスのアカデミー賞ことセザール賞で、助演女優賞を獲得。米女優として初めてセザール賞を受賞した。

【写真】『トワイライト~初恋~』ギャラリー

 彼女が出演したのは、フランスの俊英オリヴィエ・アサイヤス監督作『クラウズ・オブ・シルス・マリア(原題) / Clouds of Sils Maria』。主人公は、自身が18歳のときに主演したデビュー舞台の再演が20年ぶりに決定するも、ヒロインに殺される役を依頼された国際的女優マリア(ジュリエット・ビノシュ)で、彼女がヒロイン役のハリウッドの新進女優ジョー・アン(クロエ・グレース・モレッツ)に困惑しながらも、若い助手バレンタイン(クリステン・スチュワート)のサポートを受けて舞台に参加していくというドラマだ。

 同映画でのクリステンの演技は、Vanity Fairで「人生最高の演技」と評され、多くの批評家からも高い評価を受けていた。『トワイライト』シリーズのイメージを払拭(ふっしょく)する、彼女にとって転機となる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]