巨大迷路に閉じ込められた若者たちの脱出劇『メイズ・ランナー』5月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
巨大迷路の謎を解け! - 映画『メイズ・ランナー』劇場用本ポスター - (c) 2014 Twentieth Century Fox Film.

 謎の巨大迷路に閉じ込められた若者たちの脱出劇を描いた映画『メイズ・ランナー』が5月22日より日本公開されることがわかった。同名ベストセラー・ヤングアダルト小説を原作に、自らその姿を変える巨大な迷路(=メイズ)を知力・体力を駆使して命懸けで駆け抜けるランナーたちの姿をスリリングに活写し、全米をはじめ55か国で興行収入ランキング初登場1位&世界興収3億4,000万ドル(約408億円・1ドル120円計算)超えを記録したヒット作だ。

 主人公は、記憶を失った若者たちと共に迷路に囲まれたエリアに送り込まれたトーマス(ディラン・オブライエン)。かろうじて自分の名前だけを思い出したランナーたちは、コミュニティーを形成し、脱出法を探るべく選ばれた数名が迷路の構造を調べに出る。しかし、迷路への扉が閉まる夜までに戻らなければ命の保証はない……。迷路に隠された秘密とは一体何なのかを、若者たちの友情やバトルと共に映し出す。

 キャストには、次期スパイダーマン役候補にも挙げられているディランをはじめ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾のヒロインに抜てきされたカヤ・スコデラーリオ、『リトル・ランボーズ』のウィル・ポールター、『ラブ・アクチュアリー』の子役から成長したトーマス・サングスターら若手の有望株がずらり。本作で長編デビューを果たしたウェス・ボール監督は視覚効果出身だけあって、独自のセンスが光るビジュアルも見どころだ。なお、続編が9月に全米公開されることもすでに決まっている。(編集部・市川遥)

映画『メイズ・ランナー』は5月22日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]