大島優子、小松菜奈、二階堂ふみら若手女優が個性的なドレスで攻める!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
個性的なドレスで会場を彩った若手女優陣

 第38回日本アカデミー賞授賞式が27日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた。毎年、受賞結果だけでなく豪華女優陣の美の競演も話題になる中、本年度は宮沢りえ吉永小百合が大人の魅力をみせたほか、大島優子小松菜奈二階堂ふみ能年玲奈ら若手女優陣も個性的なドレスで楽しげに会場を彩った。

【写真】今年の授賞式ファッションの傾向は?華やかに女優陣が競演!

 ドレスカラーは全体的に黒の割合が多かったが、大島は両肩を出したウエディングドレスをイメージさせる白いドレスで登場。小松も水色のドレスで清らかな雰囲気を放ち、上白石萌音は可憐(かれん)な和装で初々しさを発揮した。一方、能年の穴があいたデザインの赤いドレスや、二階堂の全身シースルー素材で包まれた衣装もユニークさで注目を浴びた。

 ほかにも、両肩を出した赤いドレスで大人の色気を振りまいた宮沢、黒いドレスをシックに着こなした井上真央竹内結子、レザーをあしらったクールな装いの真木よう子など、思い思いのドレスで会場に華を添えた。(中村好伸)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]