「ホワイトカラー」のピーター役俳優 「フランケンシュタイン」で再びFBI捜査官に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パイロットドラマに出演するティム・ディケイ - Earl Gibson III / WireImage / Getty Images

 米FOX局が製作するテレビドラマ「フランケンシュタイン(原題) / Frankenstein」のパイロット版に、テレビドラマ「ホワイトカラー」でピーター・バークを演じていたティム・ディケイが出演することが決まった。Deadlineなどが報じた。

 同ドラマは、75歳の元保安官レイ・プリチャードが一度殺され、若い体で生き返ったことで2度目のチャンスを与えられるというストーリー。ロサンゼルス郡保安官となった若いレイは、死者にしか知り得ない情報を手に、息子のFBI捜査官と組んで悪を倒そうとする。元海兵隊員で、道徳的に堕落した郡保安官だったレイは、外見は若くて、ハンサムで、肉体派になったものの、中身は75歳の豪胆で意地の悪い男のまま。昔からの誘惑と新しい目的意識の間で葛藤が生まれるという。

 75歳のレイを演じるのはベテラン俳優のフィリップ・ベイカー・ホール。よみがえった若きレイ・プリチャード役には、映画『パシフィック・リム』でチャック・ハンセンを演じたロブ・カジンスキーがキャスティングされている。ティムはその息子のFBI捜査官デュヴァル・プリチャードを演じる。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]