叙事詩「ベオウルフ」の主役に「ダ・ヴィンチと禁断の謎」のキーラン・ビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演を務めるキーラン・ビュー - Dave M. Benett / Getty Images

 英ITVがテレビシリーズ化する叙事詩「ベオウルフ」の英雄ベオウルフ役にキーラン・ビューがキャスティングされたとDeadlineなどが報じた。

 キーランはテレビドラマ「ダ・ヴィンチと禁断の謎」でカラブリア公アルフォンソを演じていたほか、映画『フーリガン』『エイリアン VS. プレデター』などにも出演している。

 「ベオウルフ(原題) / Beowulf」には、ベオウルフのメンター、フロースガール役でアカデミー賞俳優ウィリアム・ハートの出演も決まっているほか、テレビドラマ「ダウントン・アビー」で下僕ジミーを演じているエド・スペリーアス、テレビドラマ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」のローラ・ドネリー、『ワイルド・スピード EURO MISSION』のデヴィッド・アヤラもキャスティングされている。

 同ドラマは13エピソードが製作され、来年からイギリスで撮影と放送がスタートする予定。「何百年も前から、わたしたちの祖先は素晴らしい冒険話である『ベオウルフ』に聞き入りました。恐怖と興奮を覚え、泣き笑いしたことでしょう。話の中に自分の心配事や自分自身を見いだしたことも、彼らが話に耳を傾けた理由の一つだと思います。鏡の中をのぞかせることにより、この物語は自分が誰であるかを祖先たちに気付かせたのです」とエグゼクティブ・プロデューサーのジェームズ・ドーマーはコメント。新しい世代の多くの観客に再び自分を見いだしてほしいと言っている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]