ジャン・ルノワールの傑作『ピクニック』デジタルリマスター版が6月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ピクニック』デジタルリマスター版ポスタービジュアル

 画家ピエール=オーギュスト・ルノワールを父に持つフランスの巨匠ジャン・ルノワール監督の中編『ピクニック』のデジタルリマスター版が、6月より日本公開されることが明らかになった。パリから田舎にピクニックにやってきた一家の姿、そして男女の愛を白黒でありながら絵画のような映像美で描き出した傑作が、圧倒的な美しさでよみがえる。

 1936年に撮影された本作の映画のプリントは第2次世界大戦中にドイツ軍によって破棄されたが、オリジナルネガはシネマテーク・フランセーズの創設者アンリ・ラングロワによって救出されており、プロデューサーのピエール・ブラウンベルジェの下、当時アメリカへ亡命していたルノワール監督の了承を得て編集作業が進められ、1946年にパリで公開された。

 そして2013年、ピエールの娘とシネマテーク・フランセーズによってデジタルリマスター版が完成。戦争の惨禍を超えた幸運と情熱を得た『ピクニック』はまさに平和の象徴といえる作品ということで、戦後70年を記念して、デジタルリマスター版の日本公開が決まった。

[PR]

 明るい陽射しや樹木の色、そして水面の輝きなど、豊かな色彩のイメージが脳内に広がっていくルノワール映画の神髄というべき本作を、美しくよみがえった映像で堪能できるまたとない機会となっている。(編集部・市川遥)

映画『ピクニック』デジタルリマスター版は6月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]