日英のシンデレラが美の競演!高畑充希&リリー・ジェームズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本語吹き替え版でシンデレラ役を務めた高畑充希とシンデレラ役のイギリス人女優リリー・ジェームズ

 女優のリリー・ジェームズケネス・ブラナー監督が8日、六本木ヒルズアリーナで行われた映画『シンデレラ』のジャパンプレミアに出席。小雨が降り、冷たい風が吹きすさぶ中、笑顔でファンと交流した。この日は日本語吹き替え版でシンデレラの声を務めた高畑充希、王子役の城田優も来場し、二人と対面を果たした。

ケネス・ブラナー&リリー・ジェームズが来日!ジャパンプレミア写真ギャラリー

 朝には雪がちらつき、レッドカーペットイベント開始の17時半前後には小雨が降りしきるなどあいにくの空模様となったこの日、リリーがレッドカーペットに登場すると、会場は一気に華やぎ大盛り上がりとなった。薄いピンクのドレスをまとったリリーは、レッドカーペットに陣取ったテレビカメラの取材に応じている最中は上着を着ていたものの、寒さにブルブルと震えが止まらない様子。しかし嫌な顔一つ見せず、会場に集まったおよそ500人のファンに笑顔を振りまいた。

[PR]

寒くても笑顔を絶やさず! - リリー・ジェームズ

 ステージに登壇したリリーは、「日本に来られて興奮しています。このようなイベントに皆さんと一緒にいられてうれしいですが、ちょっと寒いですね」とコメント。続けてブラナー監督が「寒さにもかかわらず、日本の友人たちが温かく迎え入れてくれて感謝しています。今日はジャパンプレミアだったのに、イングランドの天気を日本に持ち込んでしまいすみません。今日は映画を楽しんでください」と優しげな笑顔でユーモラスに語った。

 そんなリリーを目の当たりにした高畑は「本当に感激です。ずっと(アテレコの)声を入れるときに彼女の目を見つめていましたから。今日は彼女の横に並べているのが幸せです」と笑顔。城田も「ブラナー監督と初めてお会いしましたが、気さくに優しく語りかけてくれて光栄でした。リリーも本当に美しいですし、この2人がいてこその『シンデレラ』。すごく幸せです」とこちらも晴れやかな顔を見せた。そして最後に、リリーは観客に向けて「ミテネ!」と日本語で呼び掛け、最後まで笑顔を絶やさなかった。(取材・文:壬生智裕)

映画『シンデレラ』は4月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]