英国人女性の恋をパン屋がのぞき見…ちょっぴり官能的なフランス映画『ボヴァリー夫人とパン屋』7月公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
英国人女性の恋をパン屋がのぞき見… - 映画『ボヴァリー夫人とパン屋』ポスタービジュアル - (c) 2014 - Albertine Productions - Cine-(a) - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute

 ノルマンディーの美しい村を舞台に、パン屋を営む文学好きのマルタンと、奔放でチャーミングなボヴァリー夫人の姿をユーモラスかつ官能的に描いたフランス映画『Gemma Bovery』の邦題が『ボヴァリー夫人とパン屋』に決まり、7月上旬より日本公開されることがわかった。フランスでは4週連続興行成績1位を記録した大ヒット作だ。

 原作は、「ねこのパンやさん」などで知られるイギリス人絵本作家ポージー・シモンズギュスターヴ・フローベールの傑作小説「ボヴァリー夫人」をテーマに描いたグラフィックノベル。「ボヴァリー夫人」が愛読書のマルタンが暮らす村にある日、イギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が越してくる。自分の作ったパンを官能的に頬張るジェマに魅了され、彼女から目が離せなくなったマルタンは、ジェマが年下の男と不倫するのを目撃。このままではジェマが小説のボヴァリー夫人と同じ運命をたどるのではないか? とマルタンの妄想は膨らんでいき……。

 素朴で美しい四季折々の風景、そしてスクリーンから香り立つようなフランスパンの数々を映し出したのは、『ココ・アヴァン・シャネル』のアンヌ・フォンテーヌ監督。マルタンには『危険なプロット』のファブリス・ルキーニ、ジェマには『アンコール!!』のジェマ・アータートンがふんしている。(編集部・市川遥)

映画『ボヴァリー夫人とパン屋』は7月上旬、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]