『シーズ・オール・ザット』続編製作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『シーズ・オール・ザット』(1999)より - Miramax / Photofest / ゲッティ イメージズ

 フレディ・プリンゼ・Jr主演の『シーズ・オール・ザット』(1999)の続編が製作されることになったとThe Wrapが伝えた。

【写真】1999年版『シーズ・オール・ザット』

 前作は、プリンゼ・Jrが演じる学校一人気の男子生徒ザックが、学校一ダサい女子生徒レイニーを、自分にふさわしいプロムのパートナーに磨き上げるという、高校が舞台のラブコメディー。予想以上に素敵に変身するレイニーをレイチェル・リー・クックが演じているほか、映画『ワイルド・スピード』シリーズ第7弾の『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影期間中に、自動車事故でなくなったポール・ウォーカーさんも、ザック同様レイニーへの恋心を抱くディーン役で出演している。

[PR]

 続編では、テレビシリーズ「プライベート・プラクティス」などの監督ケニー・レオンがメガホンを取る予定。また、スパイク・リー監督の妻で映画プロデューサーのトーニャ・ルイス・リーが本作のプロデューサーを務めることになっている。

 前作のキャストが続投するのかどうかや、続編のストーリーについては、まだ伝えられていない。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]