水谷豊、田中麗奈ら美人女優をエスコートしご満悦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
馬車から降りる田中麗奈ら女優陣をエスコートした水谷豊

 俳優の水谷豊が、16日にグランドプリンスホテル高輪の貴賓館で行われた映画『王妃の館』完成披露イベントに、田中麗奈吹石一恵安達祐実尾上寛之中村倫也山中崇史野口かおる石橋蓮司石丸幹二ら豪華キャストと共に出席した。田中ら美人女優と共に馬車に乗ってエレガントに登場した水谷は、女性陣が降りる際にエスコートし、ご満悦な様子を見せた。

【写真】田中麗奈、セクシードレスで登場!

 人気作家・浅田次郎の同名小説を映画化した本作は、日本語で「王妃の館」と呼ばれるパリの一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラレーヌ」で、天才小説家・北白川右京(水谷)をはじめとした個性派ぞろいのツアー客たちが巻き起こす騒動を描く、笑って泣けるエンターテインメントムービー。

[PR]

 この日、花柄のブラックスーツでキメた水谷は、華やかなカクテルドレスに身を包んだ田中、吹石、安達らと共に馬車に乗って登場。女性陣が降りる際には手を差し伸べてエスコートし、田中たちをうっとりさせていた。水谷自身も、「三人の女性といっぺんに結婚したような気分」と美人女優陣に囲まれてうれしそうにしていた。

豪華キャスト陣が勢ぞろい!

 一方、馬車に乗れなかったキャスト陣はうらやましげな表情。劇中、セレブな“ポジツアー”と格安の“ネガツアー”が登場するが、ネガツアー客として出演する中村は、「待遇に格差がありました。今日も馬車に乗れませんでした」と恨み節で会場を沸かせた。

 また、水谷は原作者の浅田から「ヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館では簡単に撮影はできない。モデルになった格式高いホテルでも撮影は無理だろう」と言われていたそうで、「これが全てかなったことがとてもうれしい」と感無量の面持ち。続けて、水谷は冗談交じりに「野口さんの(編集者)役は実際のモデルがいるんです。すごい美人なんですが、映画ではキャラクター(の美人要素)を取りました」と浅田にわびたエピソードを披露。イベントでは水谷が「訳アリが似合う俳優たち」と称するほど個性豊かなキャスト陣が、本作への自信をのぞかせていた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『王妃の館』は4月25日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]