佐藤健を愛するため、鈴木亮平&黒木華が実践したこととは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「天皇の料理番」キャストの(左から)鈴木亮平、佐藤健、黒木華

 TBSテレビ放送60周年特別企画として放送される連続ドラマ「日曜劇場『天皇の料理番』」の製作発表記者会見が20日、都内で行われ、主演の佐藤健をはじめ、共演の黒木華鈴木亮平桐谷健太柄本佑高岡早紀佐藤蛾次郎芦名星武田鉄矢加藤雅也美保純杉本哲太郷ひろみ小林薫ら豪華なキャストたちが一堂に会し、撮影の苦労話などを語った。

佐藤健、料理人姿で登場!フォトギャラリー

 「天皇の料理番」は、明治から昭和の激動の時代に、西洋料理のシェフになりたいという夢を持った片田舎の青年・秋山篤蔵(佐藤)が、フランス・パリでの修業を経て、26歳で“天皇の料理番”(宮内省厨司長)にまで上り詰めていく姿を、史実に基づいて描きだす人間ドラマ。

[PR]

 TBSの連続ドラマ初主演で、初のシェフ役に挑む佐藤は「料理経験はゼロで、包丁を触ったこともなかったんです。刀は触ったことがあったけど(笑)。だから去年8月から料理学校に通い、一から教えてもらった。食べることも好きだから、中途半端じゃなく、やるならちゃんとやりたいという思いがあって、手を出してこなかったんです」と料理に並々ならぬ思いのあることを明かし、「家で時間があれば、野菜を切って練習したり。キャベツの千切りなら、普通の人より速く切れるんじゃないかなあ。周囲からも『今回は主役のおまえにかかっている』と会うたびに言われて、もうプレッシャーで、最後は考えないようにしました」と笑顔で話す。

 病に侵され悲劇的な運命を生きる篤蔵の兄・周太郎にふんするため、20キロの減量を行い撮影に臨んだという鈴木は、「半年かけて減量したんですが、いざ撮影に入ると、食べていないので集中力はないし、頭はぼーっとしてくるしで、いっぱいいっぱいになってしまった。プロデューサーから『表面的でなく、本心から佐藤健を愛してください』と言われ、毎日『るろうに剣心』のDVDを観て、寝る前に必ず健くんのことを思い出して、かわいいなあって考えていました」とコメントすると、妻役の黒木も「わたしも同じことを言われたので、わたしは健さんの“日めくりカレンダー”を使いました」と打ち明け、笑いを誘っていた。(取材/岸田智)

連続ドラマ「天皇の料理番」は4月26日よりTBS系にて放送(毎週日曜よる9時)初回は2時間スペシャル

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]