波瑠の“女優力”を引き出した!『アゲイン』大森寿美男監督が撮影秘話を語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メガホンを取った大森寿美男監督

 直木賞作家・重松清の小説を基に、かつての高校球児たちが再び甲子園を目指す姿を描いた映画『アゲイン 28年目の甲子園』。メガホンを取った大森寿美男監督が「キャスティングは満点だった」と太鼓判を押すように、中井貴一柳葉敏郎らベテラン勢に加え、波瑠、太賀門脇麦ら注目の若手俳優陣が素晴らしいドラマを織り成している。中でも目を奪われるのは、ヒロインを演じた波瑠の輝き。中井との共演が波瑠に「とてもいい影響を与えた」と語る大森監督が、撮影の舞台裏を明かした。

【動画】『アゲイン 28年目の甲子園』波瑠メイキング特別映像

 物語は、主人公・坂町(中井)のもとに、元野球部仲間の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくるところから始まる。美枝は、かつての球児たちが甲子園に再挑戦する「マスターズ甲子園」のボランティア活動をしており、坂町を誘いにきたのだが、坂町にはこれまで避けてきた美枝の父との苦い思い出があり……。

[PR]

 中井を主役に起用したことについて大森監督は、「坂町と同世代で、複雑な心情を的確に、リアリティーをもって演じられる人は中井さんしかいないと思った」と述懐。その一方で、ヒロインの波瑠については、「かねてから注目していた女優の一人。美枝を演じることによって、彼女がどう変化していくのか。まったく先が読めず、想像がどんどん膨らむところが逆に魅力的」と未知数にかけた。

 とはいえ、クールで凛(りん)としたイメージが強い波瑠に、中井を相手に感情を激しくぶつける美枝役は一つの挑戦だ。これに対して大森監督は、「彼女は器用なので、何でも普通にこなせてしまう。だから今回は、自分の中にある熱い気持ちをさらけ出してほしいと強く要求した」と回顧。さらに、「戸惑い、迷いながら、必死に答えを見つけていく過程を、美枝の心情と重ねたかった」と胸の内を明かした。

 そして、波瑠の新たな“女優力”が開花する瞬間が訪れる。それは、坂町にまるで父親のように本気で怒鳴られ、美枝が泣き崩れるシーンだ。「何度も何度もリハを重ねた結果、本番は一発オーケー。ワンシーン、ワンカットで撮り切った。あの表情は計算し、コントロールしたものじゃない、自分の感情から湧き出たもの。二度と撮ることはできない」と称賛する。ベテラン中井の大きな胸を借り、苦悩しながらも大森監督の期待に応えた女優・波瑠は、本作で確実に進化を遂げた。(提供:ポニーキャニオン

映画『アゲイン 28年目の甲子園』ブルーレイ&DVDは発売中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]