三浦春馬、評論家の破天荒アドバイスに「いい意味で崩された」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
演劇評論家の渡辺保氏とトークイベントを行った三浦春馬

 俳優の三浦春馬が18日、写真集「三浦春馬 ふれる」の発売を記念して、演劇評論家の渡辺保氏と都内でトークイベントを行った。三浦は、渡辺氏からの破天荒なアドバイスに「いい意味で崩された」と笑顔を見せた。

【フォトギャラリー】「三浦春馬 ふれる」発売記念トークイベント

 今年公開の映画『進撃の巨人』や舞台などで活躍中の三浦。同写真集は約2年間にわたり、ドラマや映画の撮影の合間を縫って取材・撮影が行われたもので、今まであまり語られることのなかった三浦の悩みや葛藤、演じることについての熱意がつづられている。

[PR]

 写真集の中でも三浦と対談を行った渡辺氏は、「俳優という職業は職人と同じだから演出家にこうって言われたらそれができないとダメ。その後、酒を飲もうが女ったらしだろうがそれは構わないと思う」と自身が思う俳優のあり方を説き、「俳優っていうのはそこがピシっといけるかが問題で、道徳的に生きる必要はないと思います。名優には変な性格の人も多いし、本当に屈折している人が舞台や映像ではうまいよ」と三浦に破天荒なアドバイス。

 これを時折苦笑いを浮かべながらも真摯(しんし)に聞いていた三浦は、「今日を境に僕、屈折すると思います」とおどけつつ、「いい意味で今まで自分がこの写真集で作り上げた気持ちを崩されたと思います」と軽やかな表情でコメント。

 現在は5月に行われる舞台「地獄のオルフェウス」の稽古中で、休日もボイストレーニングを入れるなどストイックに取り組んでいることを明かしつつ、「今自分が思っていることと対極の意見をくれる方は必要です。それを理解もしたいし、自分がブレずにいる事も大切。これからも自分の気持ちだとかを考えていきたいなと思います」と気を引き締めていた。(中村好伸)

写真集「三浦春馬 ふれる」は発売中 価格:2,808円(税込み)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]