押井守、新作実写映画では性的描写も解禁!清野菜名が映画初主演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画初主演にしてな難役に挑戦した清野菜名 - (C)2015東映ビデオ

 アニメーション映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の押井守監督がメガホンを取った実写作品『東京無国籍少女』の劇場公開が決定した。『TOKYO TRIBE』のヒロイン役で注目を浴びた清野菜名が映画初主演。「そろそろ自分自身で設けてきた枠を外そうと考えていた」と語る押井監督が、これまで避けてきた凄惨(せいさん)な暴力や性的描写を解禁して臨んだ、ソリッドサスペンスとなる。

 物語の舞台は、とある女子美術高等専門学校。かつて天才と呼ばれながら、ある事故のため心に傷を負った少女・藍(清野)の日常が、彼女を利用しようとする大人や、嫉妬を募らせる同級生に囲まれた学園生活の中で崩れていくさまが描かれる。

 本作が初の単独主演作となった清野は、セリフが最低限に絞られ、表情のみで感情を表現する難役に挑戦。初めて脚本を手にしたときを「台本を見てみたらプロットみたいで。詞というより情景? ト書きが殆どで、えっ?! ってビックリしました」と振り返りつつ、撮影について「表情で表現することが殆どで、意思は強いんだけど、どこか切ない。反比例する感情が多かったので セリフがないのもすごく難しいなと思いました」と語っている。

[PR]

 そんな清野について「この藍という役は清野菜名にしかできないと確信した」と語る押井監督もまた、これまで実写で避けてきた暴力や性的描写、さらに「血のり」や「女子高生」といった要素を解禁。新たな試みについて、「直接的な暴力や性的な描写を解禁しても、自分の映画は変わらないようです。意外にも愉しんで演出できました。そういう年齢になったのでしょう」と手応えを語っており、往年の押井作品ファンにとっても見逃せない一本になりそうだ。

 また清野のほか、金子ノブアキりりィ本田博太郎らも出演。個性派キャストによる演技合戦にも注目したい。(編集部・入倉功一)

映画『東京無国籍少女』は7月25日より新宿バルト9ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]