チャニング・テイタム、SF小説「終わりなき戦い」映画化に出演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演なるか? - チャニング・テイタム - Tommaso Boddi / Getty Images

 映画『G.I.ジョー』シリーズや『ジュピター』のチャニング・テイタムが、1974年に出版されたジョー・ホールドマンのSF小説「終わりなき戦い」の映画化作品に出演する可能性があるとEmpireが報じた。

【写真】チャニング・テイタムのかっこいいアクション!『ジュピター』ギャラリー

 原作では、「コラプサー・ジャンプ」と呼ばれる、時空を一瞬にして光速で移動できる方法を発明した人類が、宇宙を舞台に異星人トーランと争いを繰り広げる。主人公のウィリアム・マンデラをはじめとする戦士たちは、戦いから地球に帰還するたびに数十年が経過するため、家族や友人を失い、大幅な環境の変化に直面するのだった。

[PR]

 本作の映画化は、リドリー・スコットがおよそ30年前から目をつけていたが、映画化権を所有していたFOXとの製作準備が遅々として進まなかった。結局、映画化権の所有が白紙に戻り、ソニーと争ったワーナー・ブラザースが獲得、チャニング・テイタムが自らの製作会社をもって製作に関わることになり、出演だけでなくプロデューサーとして携わる話が現実化しつつある。

 映画『プロメテウス』の脚本家ジョン・スペイツが、本作の脚本を手掛けることになっている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]