パオロ・ソレンティーノ監督の新作の北米配給権がフォックス・サーチライトに決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督のパオロ・ソレンティーノ - Ernesto Ruscio / Getty Images

 映画『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した注目のパオロ・ソレンティーノ監督が手掛けた新作『ユース(原題) / Youth』の北米配給権が、フォックス・サーチライトに決定したことがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

【動画】パオロ・ソレンティーノ監督作『グレート・ビューティー/追憶のローマ』

 本作は、ソレンティーノと長年タッグを組んできたニコラ・ジュリアーノがローマのインディゴ・フィルムズのパートナー、フランチェスカ・シーマとカーロッタ・カロリと共に製作した作品。ソレンティーノは脚本兼監督を務めており、今年のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、5月20日にプレミア上映が行われる。

[PR]

 アルプスのふもとのホテルで休暇を過ごす2人の旧友を描いた本作には、マイケル・ケインハーヴェイ・カイテルレイチェル・ワイズジェーン・フォンダなどが出演している。本作は英語で製作されているが、ソレンティーノが英語作品を手掛けるのは、ショーン・ペン主演の映画『きっと ここが帰る場所』に続いて2作目となる。

 フォックス・サーチライトに配給が決まったことで、作品自体で今後賞レースも期待できそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]