ディズニー『ティンカー・ベル』を実写化!リース・ウィザースプーンが主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ティンカー・ベル』が実写化! - RKO Radio Pictures Inc. / Photofest / ゲッティ イメージズ(左)Steve Granitz / WireImage / Getty Images(右)

 米ディズニーが、自社の名作アニメーション『ピーター・パン』に登場する妖精ティンカー・ベルを主人公にした実写映画『ティンク(原題) / Tink』を企画していることが明らかになった。主演は『キューティー・ブロンド』シリーズで知られる女優リース・ウィザースプーンに決定していると The Hollywood Reporter が報じた。

【写真】リースの代表作!『キューティ・ブロンド』

 脚本を執筆するのは、『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー(原題) / Finding Dory』の脚本を担当しているヴィクトリア・ストラウス。リースは、第87回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた映画『わたしに会うまでの1600キロ』でもタッグを組んだブルーナ・パパンドレアと共にプロデューサーも務めるという。

[PR]

 ストーリーの詳細は明らかになっていないものの、『眠れる森の美女』でオーロラ姫に呪いをかけた悪役を主人公にしたアンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント』のように、キャラクターの知られざるストーリーが語られるのではないかと同サイトは伝えている。

 ティンカー・ベルはディズニーキャラクターの中でも人気が高く、ピーター・パンに出会う前に、ネバーランドにある妖精の谷ピクシー・ホロウで繰り広げられる冒険を描いたアニメーション『ティンカー・ベル』は第7弾まで製作されている。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]