乃木坂46・伊藤万理華、初主演ホラーに手応え!「20回は観て」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初主演ホラーに絶対の自信! 乃木坂46・伊藤万理華

 人気アイドルグループ乃木坂46伊藤万理華が28日、都内で行われた映画『アイズ』の完成披露試写会に出席した。本作で映画初主演を務めた伊藤は、満員となった客席に向かって「20回は観てください!」と呼び掛けた。この日は、山田朱莉おぞねせいこ優恵山田太一福田陽平監督のほか、10名のキャスト・スタッフも舞台あいさつに登壇した。

乃木坂46・伊藤万理華、初主演ホラーに大喜び!フォトギャラリー

 満員の客席を見渡した福田監督は、「こんなにたくさんの人に来てもらって、涙が出そう」と感激のコメント。さらに、ヒロイン・山本由佳里役を務める伊藤が「今日は来ていただいてありがとうございます」と声を震わせながらあいさつすると、客席からは「がんばれ~!」と優しい声援が飛んだ。

[PR]

 撮影を振り返った福田監督は、伊藤に対し「彼女の才能を世に出す使命を感じた。天才的な芝居を観てほしい」と恐怖に震えるヒロインを熱演した伊藤の演技力をべた褒め。さらに、「次の(乃木坂46)選抜のときには、『センター』と呼ばれるように!」とエールを送り、伊藤を感激させていた。

 初の主演にプレッシャーを感じていたという伊藤は「不安で、初めてお母さんに仕事で泣きついた」と述懐。一方で、「監督やスタッフの皆さんが支えてくれたから演じられた。演技をする楽しみを知った」と手応えを口にすると、最後は「一生懸命頑張ったので観てください!」とファンにメッセージを送った。

 本作は、映画『リング』の原作者としても知られるホラー作家・鈴木光司の短編集「アイズ」の一編「しるし」を、「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズなどの福田陽平監督が完全映画化。何者かによって、居住するマンションの表札に「F」という印を付けられた少女が、それを機に不可解な出来事に巻き込まれ、恐ろしい体験をする姿を描く。(福住佐知子)

映画『アイズ』は6月6日よりイオンシネマ板橋ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]