「バーン・ノーティス」クリエイター、緊急救命室の医師が主人公の新ドラマについて明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のクリエイター、マット・ニックス - John M. Heller / Getty Images

 テレビドラマ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のクリエイター、マット・ニックスが新ドラマ「コンプリケーションズ(原題) / Complications」について The Hollywood Reporter に語った。

 同ドラマはテレビドラマ「Terra Nova ~未来創世記」でジム・シャノンを演じたジェイソン・オマラが主演。緊急救命室の医師ジョン・エリソンを演じている。ストーリーは、ジョンがある男の子を助けるためにギャング抗争に首を突っ込むんでしまうというもの。

 「このドラマは、この医師が下した、この判断によってすべてが展開します。人がすることには必ずコンプリケーション(複雑に入り組んだ事態)が起こるというのが番組のコンセプトです」とマットは語っている。コンプリケーションズは医療用語で合併症も意味している。

[PR]

 ジョンはギャング抗争に首を突っ込んだことによる影響だけでなく、大きな何かを失った過去もあるため、人間的に壊れたキャラクターでもあるらしい。マットによると、新ドラマは張りつめた空気感とわくわく感のあるノンストップのドラマだという。

 ジェイソンは最近では、ミニシリーズ「サンズ・オブ・リバティ(原題) / Sons of Liberty」でジョージ・ワシントンを演じたほか、ミニシリーズ「トゥ・アポマトックス(原題) / To Appomattox」で第18代大統領になったユリシーズ・S・グラント将軍を演じることになっている。

 「コンプリケーションズ(原題)」は6月18日からアメリカで放送がスタートする。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]