EXILE・AKIRA、『マッドマックス』にアドレナリンマックス!ジョージ・ミラー監督と対面!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
AKIRA、ジョージ・ミラー監督、竹内力

 EXILEAKIRAが4日、後楽園のTOKYO DOME CITY HALLで行われた、日本語版ボイスキャストを務める映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジャパンプレミアに出席。竹内力らと共に、本作のメガホンを取り、およそ8年ぶりに来日したジョージ・ミラー監督との対面を果たした。

EXILE・AKIRA、熱いファンサービス!フォトギャラリー

 人気アクションシリーズの第4弾となる本作は、荒廃した近未来を舞台に、荒野をさまよう主人公マックス(トム・ハーディ)と砂漠を牛耳るイモータン・ジョー(ヒュー・キース=バーン)との死闘を描き出すバイオレンスアクション。この日の会場にはおよそ1,500人のファンが集結。レッドカーペットならぬ“スカルカーペット”に登場したミラー監督は、AKIRA、竹内らと固い握手。ファンのサインにも気さくに応じていた。

[PR]

 ステージに立ったミラー監督は「この作品は、倒れては起き上がるを繰り返してきた。時には完成しないんじゃないかと思ったこともあった。でも、倒れたままではなかった。だからこうやってジャパンプレミアに来ることができて本当にハッピーなんだ!」とコメント。「竹内さんとAKIRAさんにも感謝でいっぱい。本当に苦労して作った映画ですからね」と感無量の表情を見せた。

ファンとも気さくに交流するAKIRA

 ミラー監督の隣に立つAKIRAは「(本作のキャッチコピーである)『アドレナリン、マッドマックス』という言葉がふさわしい。ジェットコースター的で、終わったら脱力感で疲れ切るくらいに心も魂も揺さぶられる。こんな作品は珍しいですね」と興奮気味にコメント。

 また竹内は、およそ2時間、ノンストップで激しいアクションが展開される本作について、ミラー監督に「どうやって撮ったんですか!?」と問い掛けるなど興味津々。ミラー監督からの「アフリカの砂漠で130日間、みんなで頑張ってアクションを撮った。砂嵐のシーンはCGでやらざるを得なかったけど、その他の全てのシーンが現実のアクションだ。スタントチームが優秀で、誰ひとりケガをしていないんだ」という答えに、「マジかよ! とんでもないよ!」と雄叫びを上げていた。

 この日は、土屋アンナ高橋メアリージュン叶姉妹叶恭子叶美香)、そして新日本プロレスから天山広吉小島聡永田裕志中西学らも来場し、レッドカーペットに華を添えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]