シネマトゥデイ

『天使にラブ・ソングを…』がリメイク!ディズニーが企画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『天使にラブ・ソングを…』(1992)より - Buena Vista Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ウーピー・ゴールドバーグ主演で大ヒットした映画『天使にラブ・ソングを…』(1992)のリメイクをディズニーが進めていると The Hollywood Reporter が報じた。

【写真】シスターたちが奮闘!『天使にラブ・ソングを…』

 プロデューサーは実写映画『シンデレラ』(2015)のアリソン・シェアマー。脚本は『キューティ・ブロンド』(2001)の脚本家コンビ、カレン・マックラー・ラッツキルステン・スミスが担当するという。

[PR]

 『天使にラブ・ソングを…』は、殺人を目撃してギャングに命を狙われてしまったクラブ歌手のデロリス(ウーピー)が、逃げ込んだ先の修道院で巻き起こす騒動を描いたコメディー作品。お堅いシスターたちによる聖歌隊がデロリスによってゴスペル風にアレンジされたり、デロリスを守るためにシスターたちがギャング相手に奮起する様子がテンポ良く展開していく。ウォルト・ディズニー・カンパニーの映画部門であるタッチストーン・ピクチャーズが製作し、翌年には続編『天使にラブ・ソングを2』が作られた。

 現状、新作のストーリーは明かされておらず、ウーピーが再出演するかどうかは不明とのこと。(澤田理沙、編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]