麻生久美子の“欲しいもの”に西田敏行ツッコミ!「樹木希林さんみたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ラブ&ピース』初日に登場した麻生久美子

 俳優の長谷川博己麻生久美子が27日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『ラブ&ピース』初日舞台あいさつに登壇。ストレートに愛を描いた内容にちなみ、「愛とは」をテーマに長谷川は「全てさ」、麻生は「与え続けるもの」と格言を発表し、会場を沸かせた。この日は西田敏行マキタスポーツ園子温監督も出席した。

『ラブ&ピース』初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 長谷川は「このテーマを聞いたとき、ビートルズの『オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ』が頭に浮かびました」と発言すると、「愛こそ全てさ!」と声を張り上げ客席を盛り上げる。一方の麻生は「ありきたりですが……」と語ると、「与え続けるもの。見返りを求めず、一方通行でもいいかなって思います」と照れ笑いを浮かべていた。

[PR]

 また、長谷川演じる主人公が一匹のカメに出会うことにより、願いがどんどんかなっていくという作品内容にちなみ、「今かなえたい願い事」というお題が出ると、長谷川と西田は「世界平和」と即答。そんな発言の横で麻生は「不動産。欲しいんです」と現実的な回答をすると、西田が「樹木希林さんみたいだね」とツッコミを入れて場内は大爆笑に包まれた。

 約1年半前に撮影された作品が、ようやく初日を迎えたことに長谷川は「この作品は人によって受け取り方が違う映画だと思います。こういう映画ってなかなか作ることが難しい現状の中、主演を務めさせていただき、尊敬できるキャスト、スタッフの方に支えられて、今日を迎えることができました」と感慨深そうに感謝の意を述べた。

 本作は、鬼才・園子温監督が、25年前に執筆したオリジナル脚本を映画化。特撮映画要素を入れつつ、ファンタジックに愛を描いた人間物語。園監督は「25年間、沈んでいた映画が、今皆さんの前でようやくお披露目することができました」と感無量の表情を浮かべていた。(磯部正和)

映画『ラブ&ピース』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]