乃木坂46・生駒里奈、母への思いに涙!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
母親との思い出に感極まり涙を流した生駒里奈

 28日、ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』完成披露プレミア上映会が、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、乃木坂46メンバーの西野七瀬白石麻衣生田絵梨花橋本奈々未生駒里奈桜井玲香秋元真夏若月佑美深川麻衣、そして丸山健志監督が出席した。

乃木坂46・生駒里奈、母への思いに涙! 画像ギャラリー

 本作は、AKB48の公式ライバルとして2011年に誕生したアイドルグループ・乃木坂46の密着ロングインタビューや、ナレーションでメンバーの母親の目線を入れるなど、周辺人物の証言を通して、これまでのグループの軌跡をひも解いていくドキュメンタリー映画。

[PR]

 丸山監督は「乃木坂46に入る前と、入った後に彼女たちがどう変わったかがテーマ」とコンセプトを説明すると「彼女たちと話をして、母親の存在がどれだけ大きいか実感したので、お母さんの視点を作品に入れました」と制作意図を明かした。

 そんな母親との思い出に感極まったのが生駒だ。「人と関わることが好きじゃないけど、地元(秋田)にいたくないって思っちゃう人。そんな私が乃木坂46に入って、思ったことが言えるようになりました」と胸の内を明かすと「わたしが東京に出てきたあと、お母さんが『ご飯の時にわたしの食器を出せなくなった』という話を聞いて、申し訳なかったという思いと、わたしもお母さんと一緒にいたかったという気持でした」とあふれ出る涙を手で拭った。

完成披露プレミア上映会が行われ(下段左より)白石麻衣、西野七瀬、生駒里奈、生田絵梨花、橋本奈々未、(上段左より)丸山健志監督、若月佑美、桜井玲香、秋元真夏、深川麻衣が出席した

 「アイドルではない素の部分」を切り取られるのが怖かったというメンバーたちだが、白石は「デビューからのわたしたちがギッシリ詰まっています。辛いことを乗り越えてきたから今があると思い、過去をさらけ出しました。ファンにも、そういう部分を知ってもらいたかった。いい感じに(丸山監督に)出してもらいました」と充実感をにじませていた。

 またこの日、本作の主題歌が乃木坂46が歌う未発表曲「悲しみの忘れ方」(発売日未定)、劇中の母親ナレーションを女優・西田尚美が担当することが発表された。(磯部正和)

ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』は7月10日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]