長瀬智也、15年ぶり共演の神木隆之介に「ムカついた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真は会見に出席した神木隆之介

 TOKIO長瀬智也が8日、都内で行われた映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』のクランクアップ報告記者会見に、神木隆之介森川葵清野菜名宮藤官九郎監督と共に出席した。長瀬は、ドラマ「ムコ殿」以来15年ぶりに共演した神木の撮影時の印象について、「ムカついた」と暴露した。

『TOO YOUNG TO DIE!』出演者フォトギャラリー

 地獄を舞台にした本作は、若くしてこの世を去った少年(神木)がクラスメイトに告白したい一心で、赤鬼(長瀬)と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘する青春物語。

[PR]

 11年ぶり2作目のクドカン映画への参加、さらに7年ぶりの映画主演に興奮を隠せない長瀬は、会見冒頭の一言あいさつでは一言に抑えられず、「お芝居だけでなく音楽、コメディーなどいろんなの要素が含まれていて、この先もこんな作品は観られないんじゃないかな」「教科書がなく、楽しく思いっきりやったものが答え(作品)になった」など、約5分間にわたって本作への熱い思いを吐露。

 劇中、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)のボーカル&ギターを務める赤鬼・キラーKというとっぴな役を90分もかかる特殊メイクで演じきった長瀬。「ドラマの現場で、長瀬くんのいろんな顔芸というか表情を見て、長瀬くんが鬼でバンドやっていたらいいなと思った」という宮藤監督の予感は的中。神木から「愛情がすごい」と言われるほど、長瀬は本役にゾッコンで、「違う人がキラーKをしたら嫉妬しますよ」と声を張った。

 一方、地獄に堕ちる高校生・大助を演じる神木は、「音楽のジャンルは今まで携わったことがなかったので、たくさん勉強でき、自分なりに成長できた」と満足げ。大助は「無自覚で地獄に堕ちる要素が満載」の人をイラつかせるキャラクターだそうで、長瀬も「俺もムカついたもん」と思わずポロリ。とはいえ、15年ぶりの共演は感慨深く、長瀬は「こんなにたくましくなっちゃって」としみじみ。現在36歳の長瀬は「15年周期なら次は51歳。そうしたらあと1、2回しかできないか」と笑いを誘いつつも、「またできたらいいね」と笑顔を見せた。

 この日は新キャストとして、森川と清野のほか、尾野真千子桐谷健太古舘寛治皆川猿時古田新太らの出演も発表された。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は2016年2月より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]