ジョニー・デップ、ジャック・スパロウ姿で小児病院を訪問!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子供たちも大喜び!(画像はTwitterのスクリーンショット)

 俳優のジョニー・デップが8日(現地時間)、自身の代表作である映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウ姿で、オーストラリアにある小児病院を訪れたと現地の放送局 Nine News が報じた。

【写真】手をつないでラブラブ来日!ジョニー&アンバー

 ジョニーは現在、オーストラリアで同シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テールズ(原題) / Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』の撮影をしており、多忙なスケジュールの合間をぬっての訪問だったようだ。

[PR]

 同放送局のウェブサイトで公開された動画には、ジョニーがジャック・スパロウとして子供たちとふれあう姿が収められており、大物スターの突然の訪問に子供たちは大感激の様子で、ハグや握手をしたり、写真を撮るなどしていた。なお、ジョニーが病院訪問をするのは今回が初めてではなく、過去にもジャック・スパロウの衣装を身にまとい、お忍びで訪れていたことが報じられている。

 また、今年2月にオーストラリアで同作がクランクインしてから、ジョニーは撮影中ではないものの、片手を負傷し、手術を受けにアメリカへ一時帰国。その後も、検疫を受けずに愛犬2匹をオーストラリア国内に連れ込んだことで、ただちに2匹を国外に連れ出さなければ安楽死させるとオーストラリア政府から警告を受けるなど、トラブルが絶えなかった。そのため、今回のニュースにはファンも胸をなでおろすことだろう。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]