世界を熱狂させた謎の天才女性カメラマンに迫るアートドキュメンタリー!オスカー候補作の日本公開決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
謎の天才女性カメラマンの素顔とは? - 映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』より

 世界を熱狂させた謎の天才女性写真家の姿に迫り、第87回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞にノミネートされた映画『Finding Vivian Maier』の邦題が『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』に決まり、10月より日本公開されることがわかった。

 15万点以上の作品を残しながら、生前1枚も公表することがなかったヴィヴィアン・マイヤーの存在が世界に知られるきっかけになったのは、2007年にシカゴ在住の青年がオークションで大量の古い写真のネガを手に入れ、その一部をブログにアップしたこと。それらの写真には熱狂的な賛辞が次から次へと寄せられ、この奇跡の大発見を世界の主要メディアが絶賛。写真集は全米売り上げナンバーワンを記録し、ニューヨーク、パリ、ロンドンで開かれた展覧会にはファンが殺到するなど話題を呼んだ。

 そんなマイヤーのミステリアスな生涯と人物像を、彼女が残したコレクションや関係者へのインタビュー、系図学者のリサーチによって解き明かしていったのが本作。監督を務めたのは、マイヤーの大量のネガをオークションにて380ドル(約4万5,600円・1ドル120円計算)で落札した、この世紀の発見の張本人であるジョン・マルーフ。『ボウリング・フォー・コロンバイン』などに携わったチャーリー・シスケルとタッグを組んで作品を完成させた。

[PR]

 ナニーをしていたマイヤーがなぜこれほど優れた写真を撮ることができたのか? またなぜ誰にも作品を見せなかったのか? 知的好奇心をくすぐるアートドキュメンタリーとなっている。(編集部・市川遥)

映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』は10月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]