落ち着いた大人の為の映画館 YEBISU GARDEN CINEMA

ラジカル鈴木の味わい映画館探訪記

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
YEBISU GARDEN CINEMA

 恵比寿は渋谷区内で初めて住んだ場所で思い出も多い。1993年、ガーデンプレイスは建設中だった。恵比寿ガーデンシネマは1994年のオープンと同時に、ロバート・アルトマン監督の『ショート・カッツ』(1993)のヒットで幕開け。続けて『スモーク』(1995)が記録的大ヒット。ここでしか観られないハリウッド・インディーズ作家の作品を上映し、確固たる存在感を放っていた。

 いろいろ観たなあ。『クルックリン』(1994・スパイク・リー監督)、『ブルー・イン・ザ・フェイス』(1996・スモークの続編)、『デッドマン・ウォーキング』(1995)、『バスキア』(1996)、『17歳のカルテ』(1999・こちらも大ヒット)、『ロッタちゃん はじめてのおつかい』(1993)、『ゴーストワールド』(2001)、『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002・当館最大のヒット作)。最初の経営は配給会社のヘラルド。

 僕にとっては何と言ってもウディ・アレン作品の映画館! 13本をここで観ている(1997年のドキュメンタリー『ワイルド・マン・ブルース』を含む)。閉館はショックだったが、最後も彼の40作目『人生万歳!』(2009)。2011年、約17年の歴史に一旦幕が降りる。

[PR]

奇跡の再開!

YEBISU GARDEN CINEMA
ジョエル・ロブションをバックに、劇場前の看板

 恵比寿ガーデンプレイスは、地下鉄日比谷線、JR恵比寿駅東口から動く“スカイウォーク”で雨の日にも濡れず5分で到着。かつてのエビスビールの工場跡地でビール出荷用駅から発展した、言わばお酒が作った街。ノスタルジックなレンガ風建物、ビヤステーション、正面に高級フレンチのシャトーレストラン・ジョエル・ロブション、左に三越を見ながら奥へ進む。

 2015年、サッポロ不動産開発とユナイテッド・シネマの共同運営で、ガーデンシネマ再開のニュース、狂喜した。オープニング記念特集上映「ガーデンシネマが愛した、監督たち。作品たち。」で、ウディの『マッチポイント』(2005)を始めヒット作の数々を上映。

 本棚やスチール写真、押さえ気味の照明で落ち着いた大人の雰囲気がアップ、内装は「ホテルクラスカ」などを手掛けたインテンショナリーズで、グッドデザイン賞を受賞。シネマ1が187席、2が93席と、以前よりゆったりと映画を楽しめる環境になった。

 “街には映画館がなくてはならない”という「深谷シネマ」代表のお言葉を思い出す。こうでなくっちゃ、恵比寿!

[PR]

支配人・田川尚史さんに訊く

YEBISU GARDEN CINEMA
なんとも落ち着く、シックなロビー

 「かつての恵比寿ガーデンシネマは英語圏の良質なアート系作品を中心に上映をしていましたが、現在の YEBISU GARDEN CINEMA では良質なアート系作品をお届けするというかつてのガーデンシネマの精神を引き継ぎつつも、英語圏だけにこだわらず、世界各国のさまざまな良質な作品をお届けするようにしております。成熟した大人の町”恵比寿”に集うお客様の知的好奇心にお応えできるよう、幅広いジャンルのさまざまな映画やODS(Other Digital Stuff)コンテンツなどもどんどんご提供できればと考えております」

 田川尚史さんは神奈川出身の45歳。「恵比寿ガーデンシネマで思い出深いのは『17歳のカルテ』、『恋人までの距離(ディスタンス)』(1995)と続編『ビフォア・サンセット』(2004)などです。主演のイーサン・ホークが来場したらしいのですが、会えずに何とも残念でした(笑)」

 「2000年にシネプレックスに入社、その後シネコンの支配人を務め巡り巡って、自分が YEBISU GARDEN CIENMA を再オープンさせるなんて不思議な縁を感じました」

 「ミニシアターですが1、2スクリーン共に4Kの上映が出来ます。また3D上映システムもあります。映画以外のODSコンテンツ(バレエや音楽)などの上映をすることもあり、Kバレエカンパニーの舞台はコンスタントに上映をさせていただいております」

 「往年の名作を若いお客さまにもスクリーンでぜひ観ていただきたいということで、名画のデジタル・リマスター版の上映にも積極的にチャレンジしています。6月には“ルネ・クレール監督 生誕120周年記念”で『巴里祭』(1933)と『リラの門』(1957)の4Kデジタル・リマスター版を上映。7から8月には、なかなか日本でかからないものも多く含まれている、世界最古のフランスの映画制作会社『ゴーモン』の名作を一挙上映します。また今年亡くなられた大女優・京マチ子さんの『追悼映画祭』も8月に開催。9月には『ハワーズ・エンド 4Kデジタル・リマスター版』や『マイ・ビューティフル・ランドレット』そして、10月には『去年マリエンバートで 4Kデジタル・リマスター版』なども予定しています」。クリアーな画像で、是非観てみたい!

[PR]

有り得ない充実度!フード&ドリンク

YEBISU GARDEN CINEMA
カフェ、シネマ1入り口前のスペース

 外の景観と光が絶妙な併設の「& CAFE」は、食の街・恵比寿ならでは。映画館のレベルを超えた、有名店とコラボした美味しいフードとお酒。もちろんヱビスビール、ハイボール、カクテル、ワイン。イタリアンコーヒー、有機コーディアルシロップドリンク、スムージー、カップケーキ&マフィン、ポップコーン、ピザ。「夜の上映では、お酒を召し上りながら鑑賞される方も多いです。ミニシアターで本格的なカフェを併設したのは都内初だったと思います」。鑑賞前の腹ごしらえも良し、ゆっくりと後の余韻に浸っても良し。女性用お手洗いにはパウダールームも完備。

YEBISU GARDEN CINEMA
パッケージもお洒落な塩とキャラメルのポップコーン。午前中だったのでお酒でなくカフェラテに

劇場の新しいカラーは?

YEBISU GARDEN CINEMA
カフェの窓からの眺めが素晴らしい

 「大人の映画館でありながらも、新たな試みとしては、親子でお越しいただける、アートアニメーションや児童文学原作の作品も、夏休みなどには、進んで上映をしています。8月に『ディリリとパリの時間旅行』を上映予定です」

 配信のみの公開作品も多い昨今。家の中だけでなく、大きなスクリーンと音響で観る映画館の良さを知って欲しいという。「誰かと一緒に、体験を共有しに来てください」

YEBISU GARDEN CINEMA
映画ファンの心をくすぐる、往年のスターや役者、名画のスチール写真

 ガーデンプレイスの他の施設や店鋪との連動の企画やイベントも多い。東京都写真美術館は日本初の写真と映像の美術館。「2016年に展覧会をした、劇場の廃虚で映画を上映し、その光源だけで作品を撮る写真家・杉本博司氏が来場しトーク、作品製作で選んだ黒澤明監督の『羅生門』(1950)を上映するというスペシャルイベントをやりました」

 またガーデンプレイスで毎週日曜日に開かれる「YEBISU Marche(恵比寿マルシェ)」では作品ちなんだお店をコラボ出店している。『アマンダと僕』では4週にわたり、フランスのお菓子のお店を出店した。また毎秋の、国内外で活躍する新進気鋭のアーティストが参加する“恵比寿文化祭”で、恵比寿にある映像制作会社ROBOTとコラボし、アニメの上映やミニライブもやる。今年は5回目の予定。

[PR]

魅惑の街を丸ごと楽しもう

YEBISU GARDEN CINEMA
『太陽がいっぱい』 アラン・ドロン マリー・ラフォレ 監督:ルネ・クレマン1960年

 「周囲の施設やお店、落ち着いた大人の街全体も楽しんでください。ガーデンプレイスは今年25周年です」。「ヱビスビール記念館」はさまざまなビールを試飲できるツアーが有名、テイスティングサロンでもさまざまな種類の恵比寿が飲めて最高に楽しい。

 取材終了後、敷地内に2016年に出来た、深夜まで営業する店が連なるスタンド横町「BRICK END」へ初めて行ってみる。「AALAAP LENE WAALA(アーラプレーネワーラー)」で印度風カリー&玄米のランチをいただく、こりゃ絶品! また、田川さんに教えてもらった立ち飲みの天婦羅屋「喜久や」もいつか行ってみたい。僕が好きなのは駅前、昭和に市場「山下ショッピングセンター」だった場所、ナイスな居酒屋が集まる「恵比寿横丁」。あと、さんざん通った、エビススタジオ前の昭和32年創業の大衆食堂“めし処こづち”も、まだ健在だ!

映画館情報

YEBISU GARDEN CINEMA
東京都渋谷区恵比寿4-20-2
TEL:0570-783-715
公式サイト>
Facebook:@unitedcinemasgroup

[PR]

ラジカル鈴木 プロフィール

イラストレーター。映画好きが高じて、絵つきのコラム執筆を複数媒体で続けている。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]