ジェニファー・ローレンス、「ワイフ・プロジェクト」の映画化ロマコメに出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
話題作への出演が相次ぐジェニファー・ローレンス - Mike Coppola / Getty Images

 映画『ハンガー・ゲーム』シリーズや、アカデミー賞主演女優賞に輝いた『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンスが、小説「ワイフ・プロジェクト」が原作のロマンチック・コメディー映画『ザ・ロージー・プロジェクト(原題) / The Rosie Project』に出演することになった。The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】ジェニファー主演『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』特別新映像

 ニュージーランド出身の作家グラム・シムシオンによる本小説は、遺伝学者でハンサム、料理も得意な39歳独身男性ドン・ティルマンが、自らの間の悪さと空気の読めなさを克服して、パートナーの女性探しをするというストーリー。パートナーに求める条件からことごとく離れている女性ロージーと出会ってから、ドンの人生は一変する。

[PR]

 脚本は、『(500)日のサマー』の脚本を手掛けたスコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバーが担当。現在、監督探しが進行している。

 ローレンズは現在、『ハンガー・ゲーム』シリーズの第3弾で最終章の後編である『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』がポストプロダクション中、今年11月19日に公開予定。また、『X-メン:アポカリプス(原題) / X-Men: Apocalypse』が現在撮影中で、来年5月16日に世界公開予定だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]