三浦春馬が明かす『進撃の巨人』原作と実写版の違い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
漫画やアニメの雰囲気、メッセージ性には敏感でいたい…三浦春馬 - 写真:高野広美

 諫山創による人気漫画の実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』で、人を捕食する巨人と戦う主人公のエレンを演じた三浦春馬が、神秘のベールに包まれていた本作の内容に言及し、撮影秘話を明かした。

【動画】『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

 本作は、社会現象を巻き起こしたメガヒット漫画の実写版・前編。もともと原作ファンで、「まさか自分が主役をやるとは思っていなかった。ビックリしました」と打ち明ける三浦は、撮影前に漫画を再読し、アニメも見直して役づくりの参考にしたそうだ。

[PR]

 「実写版にも原作と重なるエピソードが出てくるので、漫画やアニメの雰囲気や、メッセージ性には敏感でいたいと思いました。原作と重なりそうなシーンを撮る前は、主人公たちがどんなカットでどういう表情をしていて、どんな感情がそこにあったのか、その場面をピックアップして何度も観ました」と真摯(しんし)に語る三浦。そして、「面白過ぎてついその先も観ちゃって、『もう寝る時間だ!』みたいなことも多々ありました」とちゃめっ気たっぷりにほほ笑む。

心理描写にも注目! (C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C) 諫山創/講談社

 原作ともキッチリ向き合って撮影に挑んだ三浦だが、実写版には新たな要素が多く、エレンも原作とは異なるキャラクター設定となっている。その違いについて、「実写版には原作よりも普遍的なテーマがより強く出ているように思います。それは誰もが感じるであろう、『やりたいことに対して、もっと熱を帯びていたい』という、現在の自分に対する焦りなんですよね。そんなエレンを含めた登場人物の成長を描いているので、心理描写にも注目してもらいたいです」と解説する。

 撮影では苦労も多々あったそうで、「ワイヤーアクションを何度も撮り直したり、何もないグリーンバックで想像の巨人と戦ったり。そんな中、『これが映像になったとき、きちんと成立するのか?』という不安が常にあって、その不安といかに付き合うのか、という点が大変なところではありました」としみじみ振り返る。そんな三浦の表情には、大作の主役を務め上げた達成感があふれていた。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]