近藤芳正の映画初主演作、モントリオール上映が決定し「海外での反応楽しみ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画初主演作となる本作のモントリオール上映に「楽しみ」と語った近藤芳正

 俳優の近藤芳正が26日、渋谷のユーロライブで行われた映画『野良犬はダンスを踊る』完成披露試写会に来場し、初めて尽くしの初主演作に満足げな顔を見せた。この日は加藤慶祐鈴木勝吾久保田秀敏柳英里紗窪田将治監督も来場した。

近藤芳正の映画初主演作、モントリオール上映が決定し「楽しみ」 画像ギャラリー

 映画、テレビ、舞台などで活躍する名バイプレーヤー・近藤芳正の映画初主演作となる本作。これまでコミカルな役どころが印象深かった近藤が、たそがれ時を迎えた殺し屋・黒澤にふんし、人間味あふれるクールな演技で新境地を見せていく。窪田監督も「こんな近藤芳正が見たかった。僕らも冒険したかったし、近藤さんにも冒険してもらいたいなと思いました」と満足げな表情。一方の近藤も「映画は初主演。初ハードボイルド。初のベッドシーン。しかもモントリオールにも行くそうなんで、これをきっかけに刺激的な出会いができたらいいなと思います。監督に感謝です」と謝辞を述べた。

[PR]

この日は(左から)久保田秀敏、加藤慶祐、近藤芳正、鈴木勝吾、柳英里紗、窪田将治監督も来場した

 本作は、8月に開催予定の第39回モントリオール世界映画祭への正式出品が決定しているが、自身、4度目のモントリオールとなる、と切り出した窪田監督は「生まれて初めて世界を目指して作ろうと思った作品。やはり近藤さんの初主演作品なんで、作品にみそが付くのは嫌だなと思っていたんで、モントリオールが決まってホッとしました」と笑顔を見せた。近藤も「自分が出た映画で、海外の映画祭に行ったことがないので。海外のお客さんは反応が違うと聞いているので、ちょっと楽しみです」とワクワクしている様子だった。

 また、本作で近藤は、柳とのぬれ場を披露している。「わたしはぬれ場は初めてじゃないんで、実は先輩なんですが。近藤さんは緊張されていました。すごい気を遣っていただいたのですごく愛のあるシーンになりました。いいぬれ場俳優さんです」と柳が冗談交じりに切り出すと、近藤も「そりゃそうですよ。(柳を)前から知っているんで、やりやすいようなやりにくいような」と照れることしきり。ふたりは市川準監督の遺作となった『あしたの私のつくり方』(2007年)で共演している。柳は「わたしが14歳か15歳のときに先生と生徒役だったのが、今回はキャバ嬢と殺し屋という関係になった。その経緯を観ると面白いかもしれないですね」と笑いながら付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『野良犬はダンスを踊る』は10月10日より渋谷のユーロスペースほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]