『ハリー・ポッター』スピンオフ、撮影スタート!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに撮影スタート! - 魔法生物学者ニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメイン - Steve Granitz / Getty Images

 『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースツ・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題)/ Fantastic Beasts and Where to Find Them』の撮影がイギリスにあるワーナー・ブラザースのリーブスデン・スタジオで始まった。現地時間17日、米ワーナー・ブラザースが発表した。

ハリーもロンも若い!『ハリー・ポッター』フォトギャラリー

 『ハリー・ポッター』シリーズに登場するホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」に着想を得た本作の主人公は、その著者である魔法生物学者ニュート・スキャマンダー。彼が魔法生物を見つけ、記録を取る旅の途中で立ち寄ったニューヨークでのアドベンチャーが描かれる。ニュートを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』で第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインだ。

[PR]

 そのほか役柄の詳細は明かされていないものの、ティナ役で『インヒアレント・ヴァイス』のキャサリン・ウォーターストン、ティナの妹・クィニー役でシンガー・ソングライターのアリソン・スドル、ジェイコブ役で『ファンボーイズ』のダン・フォグラー、クリーデンス役で『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー、メアリー・ルー役で『ギター弾きの恋』のサマンサ・モートン、モデスティー役で新人子役のフェイス・ウッド=ブラグローヴ、グレイヴス役で『トータル・リコール』のコリン・ファレルらが出演。

 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで4作を手掛けたデヴィッド・イェーツ監督がメガホンを取り、原作者のJ・K・ローリングが本作で脚本家デビューを果たす。日本公開は2016年の予定(全米公開は同年11月18日)。このスピンオフ作品は3部作で製作され、第2弾を2018年、第3弾を2020年に公開する予定だと米ワーナー・ブラザースは以前に発表している。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]