レオナルド・ディカプリオ またフランスのゴシップ誌を訴える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ディカプリオの今後に注目! - Eduardo Munoz Alvarez / Getty Images

 歌手のリアーナを妊娠させたと報じたフランスのゴシップ誌Oopsを訴え、勝訴したばかりのレオナルド・ディカプリオが、今度は仏誌Crazy!を訴えたとGossipCop.comが報じた。

ディカプリオが豪遊!? 映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』写真ギャラリー

 レオナルドは彼とリアーナが同棲しているとの記事を表紙に掲載した同誌をプライバシーの侵害で訴え、損害賠償と弁護士費用として1万3,000ユーロ(約182万円)の支払いを求めているという。(1ユーロ約140円計算)

[PR]

 訴えるにあたり、記事の内容が中傷的かどうか、その上、真実かどうかも関係ないとのこと。問題は、フランスの法律ではどんな有名人や金持ちであろうと、どんな仕事をしていようと、個人のプライバシーは尊重しなければならないとされている。そのため、個人的な情報や写真は当人が自主的に提供したものでない限り出版してはならないことになっている。

 記事にはリアーナがレオナルドの家に引っ越し、一緒に住んでいると書かれており、事実であろうとなかろうと、プライベートなことを掲載したため違法であるとレオナルド側は主張している。

 Crazy!誌のオーナーはOops誌と同じフレデリック・トゥルスコラスキー。彼は、「レオナルドは、なぜリアーナとの関係を報じているアメリカのウェブサイトをかたっぱしから訴えないんだ」とぼやいているらしい。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]