『まわり道』など、ペーター・ケルンさん死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペーター・ケルンさん - 写真は今年2月に撮影されたもの - Andreas Rentz / Getty Images

 オーストリアの俳優で映画監督のペーター・ケルンさんが、現地時間の8月26日に66歳で死去したと The Hollywood Reporter が報じた。なお、死因は公表されていない。

 ケルンさんは、1970年代にヴィム・ヴェンダースライナー・ヴェルナー・ファスビンダーをはじめとしたニュー・ジャーマン・シネマの代表的な監督のもとで俳優として活躍。ヴェンダースの『まわり道』(1975)、ハンス=ユルゲン・ジーバーベルクの7時間にも及ぶ実験映画『ヒトラー:ア・フィルム・フロム・ジャーマニー(英題) / Hitler: A Film from Germany』(1978)での演技が高く評価されるなど、ドイツ映画賞で金賞を2度も獲得した。

 映画監督としてのケルンさんは、ドキュメンタリーを含む27作品を手掛けた。また同性愛者であることを公言していたケルンさんは、初老の同性愛者たちを取り上げたドキュメンタリー『キス、カドル・アンド・セレブレイト(英題) / Kiss, Cuddle and Celebrate』(1998)に自身の性的な関心を反映させている。遺作となってしまった『ザ・ラスト・サマー・オブ・ザ・リッチ(英題) / The Last Summer of the Rich』は、今年2月にベルリン国際映画祭で上映された。(編集部・那須本康)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]