シネマトゥデイ

ルーズベルト大統領がテレビシリーズ化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルト - Hulton Archive / Getty Images

 米第26代大統領セオドア・ルーズベルトを題材にしたテレビシリーズが企画されていることがVarietyで報じられた。

【写真】ロビン・ウィリアムズさんがルーズベルト大統領に!

 本作は、テレビドラマ「アグリー・ベティ」のベン・シルヴァーマンとショーン・カニーノの制作会社エレクタスと、映画『ハイヤー・グラウンド』のジョン・ルビンスタインとジェイソン・エゲンバーグの制作会社オーセンティックが、アメリカのケーブルチャンネルShowtimeの下でリミテッド・シリーズとして企画している作品。映画『アメリカン・ヒストリーX』のデヴィッド・マッケンナが脚本を執筆することになっている。

[PR]

 ルーズベルトは、1901年から1909年まで大統領を務め、「スクエア・ディール」を提唱し、独占禁止法の制定や企業規制を増やし、米国民から支持されていた大統領。さらに政治家以外に、軍人、作家、探検家としての顔も持っていた。

 過去には、ケーブルチャンネルTNTのテレビ映画「ラフ・ライダーズ(原題) / Rough Riders」でトム・ベレンジャーがシリアスなルーズベルトを、映画『ナイト ミュージアム』シリーズではロビン・ウィリアムズさんがコミカルなルーズベルトを演じてきた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]