佐藤健、神木隆之介&染谷将太の仲の良さに嫉妬!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇中で高校生漫画家コンビを演じた神木隆之介と佐藤健

 俳優の佐藤健神木隆之介染谷将太が8日、都内で行われた映画『バクマン。』の完成披露試写会に出席。イベントでは、仲むつまじく会話を弾ませる神木と染谷に、佐藤が思わずツッコミを入れる一幕があった。

【写真】佐藤健、神木隆之介ら豪華キャストがズラリ

 本作は、「DEATH NOTE」の大場つぐみ小畑健による同名人気漫画を実写化した青春ドラマ。作画担当の真城最高(佐藤)と、ストーリー担当の高木秋人(神木)の高校生マンガ家コンビが、週刊少年ジャンプ連載を目指して奮闘するさまを描く。この日は、小松菜奈桐谷健太新井浩文皆川猿時宮藤官九郎山田孝之リリー・フランキー大根仁監督、主題歌を務めるサカナクションも登壇した。

[PR]

 「自信作ができた」と声を弾ませた佐藤は、本作の見どころについて、「漫画を描く作業は一見地味な作業ですが、脳内ではすごいバトルを繰り広げていて、それをCGで表現するという画期的なアイデアをぜひ観てほしい」とアピール。一方、最近「若年寄」といわれることが多いと嘆く染谷は、「今回はアクションもCGもすごいんですよ! ワイヤーアクションにも挑戦しましたし。『こんな俺でも動けるんだぞ!』っていうところで頑張りました」とやや興奮ぎみだった。

 そんな染谷の隣で、「なるほど、なるほど」とうなずく神木は、「まさに『寄生獣』VS『るろうに剣心』みたいだね」とパスを出すと、染谷に「俺はミギーがいないと何もできない」とかわされ、会場は大爆笑。終始二人でイチャつく神木と染谷に嫉妬したのか、「そこの二人、さっきから何なの!」と佐藤がツッコむ場面もあった。

 ほほ笑ましい会話が進む中、メガホンを取った大根監督は、「みんなが一致団結して作った映画。間違いなく楽しんでいただける作品になった」と自信をのぞかせるも、「ただ1点、果たして二人がちゃんと高校生らしい童貞に見えるかが一番苦労した。神木は特に心配なかったが、健くんの方は心配」とコメント。

 これに対して佐藤は、「正直、心配。僕が童貞に見えるか、皆さんにチェックしていただきたい」と自ら話をたき付け、神木も「見えたら、皆さん『そうだったよ』と広めていただいて」と追随。これに対して、山田は「見えない、見えない」と絶妙なツッコミを入れ、爆笑をさらった。(取材:坂田正樹)

映画『バクマン。』は10月3日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]