役所広司、若い観客の多さ「ありがたい」 『日本のいちばん長い日』100万人突破!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
晴れ晴れとした笑顔で感謝を述べた役所広司

 俳優の役所広司が14日、新宿ピカデリーで行われた映画『日本のいちばん長い日』来場者100万人突破記念舞台あいさつに原田眞人監督と共に出席し、観客に謝辞を述べた。

映画『日本のいちばん長い日』フォトギャラリー

 半藤一利のノンフィクションを基に、太平洋戦争を終わらせるために戦った男たちの姿を追った本作。8月8日の公開初日から34日目となる9月10日に、累計動員100万人を突破したことを記念して行われた、この日の舞台あいさつには大勢の観客が来場。その様子を見た役所は「めでたいですね!」と笑顔。「(観客は)おそらく中高年の方が中心じゃないかと思っていたんですが、聞くところによると、若い人が多く来てくださったみたいで。良かったなと思っています」と付け加えた。

[PR]

 一方の原田監督も、「こういう、考えさせられるような映画で100万人を突破できたのはうれしいこと。また(大ヒット御礼舞台あいさつを行った)新宿ピカデリーに戻ってこられて、大変うれしく思います」と晴れ晴れとした顔を見せた。

原田眞人監督と役所広司

 原田監督にとって初の本格的な戦争映画となった本作について、役所は「原田監督は戦争映画をたくさん観ていてすごく詳しくていろいろと教えてくれていた。きっと、原田監督はお金があればいくらでも戦争映画を撮るんじゃないですかね」とコメント。それを受けた原田監督は、「(第二次世界大戦中、日系アメリカ人で構成されたアメリカ陸軍の部隊)第442連隊戦闘団の映画を、ハワイにいるプロデューサーと組んで撮れないかと思っています」と新作の構想を語った。

 そして最後に、「おかげさまで100万人を突破して……」と切り出した役所は「(配給の)松竹も宣伝費がなくなったのか、今日は女子アナに代わってプロデューサーが司会をやっておりますが」と観客を笑わせると、「この映画は一人でも多くの人に語り継いでいただきたい。まだまだ上映されているので、いろんな人に薦めてください」と会場に呼び掛けた。(取材・文:壬生智裕)

映画『日本のいちばん長い日』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]