ドウェイン・ジョンソン、ヘリを不時着させる緊迫の一部始終!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さすがロック様!迫力満点のヘリ不時着シーン - (C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 巨大地震がカリフォルニアを襲う脅威を描いた新作アクション映画『カリフォルニア・ダウン』の特別映像に、主演を務めたドウェイン・ジョンソンがエンジンの故障したヘリコプターを不時着陸させるスリリングな一部始終が収められている。

 本作は、カリフォルニアで巨大地震が発生したことで超高層ビル群や橋が次々と倒壊し、ロサンゼルスなどの大都市が相次いで壊滅する中、レスキュー隊のパイロット、レイ(ドウェイン)が最も被害の大きいサンフランシスコに残された娘を救出するべく奔走する姿を描く。

 公開されたのは、レイが助手席に妻エマ(カーラ・グギーノ)を乗せ、ヘリでサンフランシスコを目指すシーンの映像。二人がヘリから街を見下ろし、地震による被害の大きさをあらためて実感していると、突然の爆音と共にヘリがぐらつき始める。ギアボックスが故障したことを把握したレイはなんと、自らエンジンを切る。動揺するエマに対し、冷静に墜落することを告げ、降下速度を下げるべくヘリを操縦するレイの姿は、とてもたくましい。ヘリは大きく回転しながら、ショッピングモールに追突する形で着陸。息つく暇もない迫力満点のシーンとなっている。

[PR]

 ドウェインは劇中で、ヘリに加え、車やボート、パラシュートも乗りこなす。撮影のための訓練で想定できることの全てを行ったというが、「無理だと思うアクションはなかった」と語るドウェインは、さすがは元プロレスラーのロック様。「撮影中は気持ちが高ぶった。すごくアドレナリンがみなぎるね」と本作の過酷なアクションの中に喜びを見いだしていたようだ。(提供:ワーナー・ブラザース映画)

映画『カリフォルニア・ダウン』は新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]