土屋太鳳&山崎賢人&竜星涼が『orange』原作ビジュアルを再現!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『orange』原作の表紙を再現! (左から)土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼 - (C)2015「orange」製作委員会 (C)高野苺/双葉社

 NHK連続テレビ小説「まれ」の土屋太鳳山崎賢人が再共演し、高野苺の人気少女漫画を実写化する映画『orange』から、コミック第1巻の表紙を実写版キャストで再現したビジュアルが公開された。

「まれ」カップルが共演!『orange』写真

 原作は、月刊漫画雑誌「月刊アクション」(双葉社)で連載された青春群像劇。未来の自分から送られてきた手紙を受け取った女子高生・菜穂が、自分が恋をすることになる転校生・翔が死ぬ運命にあることを知り、彼を救うために行動する姿を描き出す。映画では、土屋と山崎の“「まれ」カップル”が菜穂と翔を演じるほか、菜穂に思いを寄せながら二人の恋を応援する弘人役で竜星涼が出演する。

[PR]

原作コミック第1巻の表紙ビジュアル (C)2015「orange」製作委員会 (C)高野苺/双葉社

 公開されたビジュアルでは、原作第1巻の表紙に描かれた、菜穂、翔、弘人のスリーショットを実写版キャストが再現。木漏れ日に包まれ、楽しそうに笑い合う土屋たちのさわやかな姿は、原作のイメージをなぞりつつ、実写ならではの空気感を醸し出しており、作品への期待が高まる仕上がりになっている。このスリーショットは、3日から全国劇場で掲出されるポスタービジュアル内でも使用される。

 同作にはそのほか、山崎紘菜(茅野貴子役)、桜田通(萩田朔役)、清水くるみ(村坂あずさ役)ら旬の若手俳優が出演。長編映画初挑戦となる橋本光二郎監督がメガホンを取り、原作の舞台である長野県松本市で現在もロケが行われている。(編集部・入倉功一)

映画『orange』は12月12日より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]